〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-7-11 斉藤ビル201号
フリーダイヤル 0120-090-291

性感染症について

クリニックのご案内Q&Aお問い合わせホーム
  • 診療案内
  • 内視鏡検査
  • 日帰り手術
  • 性感染症について
  • 痔について
MOBILE SITE
QRコード

バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取って携帯サイトにアクセス!

いわさき一教クリニック

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-7-11
斉藤ビル201号

フリーダイヤル:0120-090-291
TEL:092-781-3255
FAX:092-781-9431

HOME / 性感染症について

性感染症とは

性感染症(STD)とは性行為によってうつる病気のことです。

決して、特別な病気ではありません。

最近、特に若者の間で性感染症(STD)は増加傾向にあります。

性感染症(STD)の原因はウイルスや細菌などさまざまで、たった1回のセックスでも感染してしまう可能性があります。

最近では、STD(Sexually Transmitted Disease)と呼ばれています。

治療しないでいると…

  • 不妊症の原因になったり、胎児に感染することも…。
  • 男性の場合は、おしっこをすると痛かったり、膿が出たりします。
  • 女性の場合は、おりものの量が増えたり、状態がかわったりします。
  • においなどが発生しセックスに支障がでます。

それ以外にも、皮膚にいぼやしこりができるなど、さまざまな症状があります。最近では自覚症状が出にくい病気も増えてきています。
いずれにせよ、おかしいと思ったら早く病院へ行って治療することが大事です。性感染症(STD)の危険をきちんと認識して、予防・治療をすることが、あなたとあなたのパートナーや子どものために大切です。

性感染症とは

性感染症(STD)の種類

梅毒、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、淋感染症、性器カンジダ症、尖圭コンジローム、軟性下疳、膣トリコモナス症、性器伝染性軟属腫、鼠径リンパ肉芽腫、HIV感染症・エイズ、毛じらみ症、B型肝炎、C型肝炎

性感染症(STD)の症状

排尿痛、かゆみ、におい、水泡ができる、膿が出るなどの症状があったらすぐ受診しましょう。放っておくと重症化することもあります。性感染症は性器のみならず、肛門領域にも発症し生殖器、肛門部の双方を同時に診療できるクリニックが望ましいと考えられます。

女性の場合、性感染症(STD)にかかると、まず大抵、おりものに変化があらわれます。その他、外陰部の痛みやかゆみ、できものなどがあれば感染の可能性は高いでしょう。日頃からおりものの色や量などをチェックして、おかしいと感じたら早めに診察を受けるようにしましょう。

「恥ずかしいから…」とそのまま放っておくと、知らず知らずのうちに進行してしまい、不妊症の原因になったり、妊娠している場合は赤ちゃんに危険が及ぶことがあります。

性感染症(STD)症状チェック

一つでもあてはまったら、性感染症(STD)の疑いがあります。
病院で検査することをおすすめします。

男女共に
特に男性
特に女性

  • (※厳密にはカンジダ性膣炎はSTDとはいえないが、STDがあるとかかりやすい)

性感染症(STD)の治療

ほとんどの性感染症(STD)は、健康保険の範囲内で、ほぼ必要な検査と治療は受けられます。ですから、恥ずかしがらずに病院を訪ねてください。

男性の場合、尿、尿道分泌物、血液から、女性の場合、おりものや血液の検査によって診断することができます。

治療には膣坐薬や軟膏、内服薬などを使用します。病気によっては治りにくいものや再発をくり返すものもありますので、完全に治るまで10日〜2週間、長いものだと数ヵ月程度、医師の指示に従って根気よく治療を行います。

性感染症(STD)にかかっていることがわかったら、必ずパートナーに話して検査を受けてもらうようにしてください。あなたが治ったとしても、またパートナーからうつされてしまっては何の意味もありません。

性感染症(STD)の治療の原則は“パートナーと一緒に治療する”こと。自分のからだのことを大切に思うなら、相手に伝える勇気も必要です。

性感染症(STD)の治療

ページトップへ

クラミジア

クラミジアとは、セックスによりクラミジア・トラコマティスという病原体に感染する病気です。16歳〜25歳の若い世代の男女に多い性感染症です。

厚生労働省で行ったクラミジアの検査データによると、2001年から2005年までで約2倍の約4万3千人に増えています。

さらに、クラミジアに感染している人は、HIVに感染しやすく、クラミジアに感染していない人と比べると、約3.4倍もHIVに感染しやすくなるというデータもあります。

クラミジアに感染しているということは、それだけで病気以上のさまざまなリスクを背負うことになります。
クラミジアはセックスやオーラルセックスなどによって感染します。男性の尿道、女性の子宮頚管など性器周辺だけでなく、咽頭(のど)にも感染します。オーラルセックスの際に咽頭にクラミジアが感染しているケースもよくあります。

潜伏期間は数日ですが、感染した病原体が少ないと1ヵ月ぐらい後に発病することもあります。
男女とも症状が軽いため気づかないことも多く、そのため感染を拡げてしまうことになってしまいます。

特に女性の場合は症状が出にくいために、はじめは子宮の頸管部に起きた炎症(子宮頸管炎)が子宮内膜、卵管、腹腔内へと体の奥へ奥へ広がる恐れがあります。女性に比べると男性は症状が出やすいですが、放っておいても自覚症状が消えてしまうので、治療を受けなかったり勝手に中断してしまう人が多く、これも体の奥に入り込み、前立腺に膿を持ったり、睾丸に感染して不妊症の原因になったり、周囲に感染を拡げる原因となっています。

クラミジア

クラミジアの症状

症状は淋病に似ていますが、軽度です。

男性の場合
約半数に排尿困難、排尿時の痛みがあります。尿道口より最初は薄く次第に濃くクリーム状の膿が出ます。前立腺炎、副睾丸炎を起こすこともあります。
女性の場合
約2割に、おりものの増加や下腹部痛が見られます。進行すると子宮、卵管と炎症が進み不妊の原因となることもあります。

病院でのクラミジアの検査・治療

血液検査、尿検査、膣分泌物検査、どれでも調べれます。男女共に尿検査でかなり正確な検査結果が得られます。

検査手法には、遺伝子診断法(DNAプローブ法、PCR法、LCR法)、血清学的診断法(抗体検出法)などがあります。クラミジアは、抗生物質の内服による治療を行います。

治療期間は1〜2週間程度です。
治療をしない場合でも1ヶ月程度で症状が治まる事もあります。症状がなくなっても治っているわけではありませんので、必ず治療をしてください。そのままにしておくと感染者を増やすばかりではなく、不妊症の原因になります。

クラミジアの治療には、パートナーの理解と協力が必要です。本人だけが完治しても、パートナーが治療をしていない場合は再発を繰り返す可能性が強くなります。パートナーも一緒に検査を受けて同時に治療を行う必要があります。

ページトップへ

淋病

淋菌感染症は、淋菌と呼ばれる細菌によって感染、1回のセックスでうつる確率は50%とも言われ、かなり強い感染力を持つ性感染症です。

潜伏期間は2〜5日間です。
感染者の絶対数は男女同数くらいですが、ほとんどの淋病患者は男性です。

女性の場合、淋病に感染していても気づきにくく、淋病であるにもかかわらず放置しているケースが多いです。

放置しておくと炎症が子宮の奥や卵管に進み、不妊の原因になります。

感染したまま出産すると産道で赤ちゃんに感染し、失明させることもあります。

抗生物質の普及で一時は減りましたが、1998年頃から男女ともに増加の傾向が見られます。オーラルセックスの一般化により、咽頭感染が目立ってきています。まれですが、目に感染すると失明の危険性もあります。

最近は、性器クラミジア感染症と同時感染(淋病患者中20%〜30%)している場合も多いようです。

淋病

予防法

もっとも有効な予防法はコンドームの着用です。
オーラルセックスでも感染しますので、行為の最初から最後までコンドームを着用することがいいでしょう。

症状

男性の場合
尿道に軽いかゆみや熱っぽさを感じる。
尿道から白く濁った膿が出る。
尿時に強い痛みを感じる。放置すると頻尿、排尿困難、排尿の終わりに出血を見るようになり、さらには前立腺、副睾丸に炎症が広がったり、不妊の要因となることもある。
女性の場合
軽い排尿痛、頻尿などで、症状が軽く本人が気付かないこともある。放置すると子宮、卵管と感染が進み、骨盤内感染や不妊の原因になる。
悪臭のある、緑白色や黄色のおりもの下腹部の痛み、発熱など。

病院での淋病検査治療

検査方法は、女性の場合は膣分泌物検査、男性の場合は、朝一番の尿の検査。検査手法には、培養法と遺伝子診断法(DNAプローブ法)・核酸増幅法(PCR法)があります。

淋病の治療では、ペニシリン、ニューキノロンなどの抗生物質を4〜7日間投与しますが、治癒の判定は専門医にゆだねてください。

自己判断で投薬を中止してしまうのは危険です。抗生物質が効果的ですが、一般的な抗生物質の耐性菌(薬の効かない菌)が増加しているので注意が必要です。

ページトップへ

梅毒

梅毒(ばいどく)は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマによって発生する性感染症です。

梅毒は、コロンブスが新大陸発見と共にヨーロッパに持ち帰り、世界中に広がったという説もあります。日本では1512年に記録上に初めて登場しています。

主にコンドームなしでの挿入行為やコンドームなしでのオーラルセックス、アナルセックスで感染します。
これ以外にも母子感染、血液を媒介とする感染もあります。母子感染の場合、子供は先天梅毒となります。

梅毒

梅毒の症状

梅毒は感染後の症状が大きく4期に分けられます。

【第1期】(感染3週間から3か月まで)

菌が入った場所が腫れます(初期硬結、硬性下かん)が、放置しても消えます。

男性の場合
亀頭または亀頭冠状溝にきたない分泌物がかぶっているグリグリしたものができる。この後すぐにふとももの付け根のリンパ節が腫れますが、痛みはなく、すぐ自然に消えます。
女性の場合
小陰唇にきたない分泌物がかぶっているグリグリしたものができる
【第2期】(3か月から3年まで)
  1. 1. まえぶれ
    軽い発熱、頭痛、倦怠感、関節痛
  2. 2. 全身の皮膚や粘膜に(人によっては時々)ブツブツや発疹ができる。
    バラ疹とよばれ、赤い斑点のような大小の発疹ができます。第二期のなかでも早期の発疹は小さくて左右対称にたくさんできます。痛みもかゆみもありません。放置していてもすぐに消えます。
  3. 3. 全身のリンパ節が腫れる。
  4. 4. その他の症状
    ひとによってはその他にも以下のような症状がみられることがあります。
    扁平コンジローム(肛門部や陰嚢部にできるいぼ)、色素斑、脱毛、口腔内粘膜斑、梅毒性扁桃腺炎
【第3期】(3年から10年)

一見体調のよい時期が数年間続きますが、皮膚や内臓で、病気は静かに進んでいます。

  1. 1. 結節性梅毒疹
  2. 2. ゴム腫→弾力性のあるゴムのような肉の塊
  3. 3. 少数・部分的にでてきて皮膚の深いところまで達する。
    あと(瘢痕)が残ります。
【第4期】(10年以上)

神経症状や心血管症状が現れます。

  1. 1. 神経症状
    進行麻痺、痴呆症状、歩行障害
  2. 2. 心血管症状
  3. 3. 大動脈瘤
  4. 4. 大動脈弁閉鎖不全

病院での梅毒の治療

検査方法は、血液検査もしく患部の分泌物です。

検査手法には、パーカーインク法、蛍光抗体法、梅毒トレポネーマ抗原法(TPHA法・FTA-ABS法・IgM-FTA-ABS法)、脂質抗原法(STS法)淋病は、病院での血液検査により診断できます。

ペニシリンなどの抗生物質の投与で治療しますが、症状が治っても細菌が体の中に潜んでいることもあるので、根気よく治療することが大切です。

ページトップへ

コンジローム

尖圭コンジロームは、セックスによってヒトパピローマウイルス(HPV)に感染して発症します。

男女ともに性器から肛門にかけて先の尖った白〜ピンク色の細かいいぼができる。痛みやかゆみはありませんが、増殖するといぼが群がってカリフラワー状に。

尖圭コンジロームは昨年と比べ、当クリニックで増えている疾患です。以前は月に0〜1、年間5〜10人だった外来患者が、最近は一日多い日で4〜5人と異常な増え方をしております。本当に怖い世の中になってまいりました。コンジロームはなかなか治りにくい病気ですが、丁寧に、根気強く治療すると、再発はなくなるものです。当クリニックでは、受診日にどんなにひどい症状でもレーザー、電気メスで日帰り治療いたします。勿論、施術の際は十分に麻酔をいたします。この病気は、感染して2〜4ヶ月後に症状が現れるものです。出来るだけ早い時期に受診することと、十分に経過を観察することが必要です。

他のSTDと合併しやすいのも尖圭コンジロームの特徴です。20代の男女の感染が多いようです。

ウイルスを完全に取り除くことは難しく、3ヶ月以内に約25%が再発します。全性感染症感染者数の5%を占めると言われ、特に女性の感染者が増えてきています。

母子感染の可能性もあり、新生児に産道感染することもあります。

悪性型のHPVは女性の場合子宮頸癌、男性の場合陰茎癌の原因に関連があるともいわれ、きちんと治療することが何よりも大切です。

コンドーム(男性用、あるいは女性用)を正しく使用して、皮膚や粘膜が直接ふれあうことを避ける(バリア法)ことで予防効果があります。

しかし、広い範囲に感染がある場合はコンドームだけで予防することはできません。ヒトパピローマウイルス(HPV/ヒト乳頭腫ウイルス)は、皮膚や粘膜にできた小さなすり傷などから侵入し、感染します。

ほとんどがセックスおよび粘膜と粘膜の接触でうつりますが、手指・器具などを介して感染することも、ごくまれにあるようです。 女性の場合は、産婦人科で、男性の場合は泌尿器科でも受診できます。肛門科、皮膚科でも治療することができます。

コンジローム

尖圭コンジロームの症状

感染後…
数週間から2、3ヶ月を経て、陰茎亀頭・冠状溝・包皮・大小陰唇・肛門周囲等の性器周辺部にいぼ状の小腫瘍がたくさんできます。
放っておくと…
増殖してカリフラワーのようなかたまりになります。
自覚症状は…
ほとんどなく、いぼが大きくなったころに不快感を覚える程度です。
進行して炎症を起こすと…
痛み、かゆみ、性交痛、排尿痛があることもあります。
特に恐いのが、尿道の中、口の中、おしりの中に出来た場合で、こういう症例では特に専門性の高い当クリニックでの治療が望ましいと思います。

病院での尖圭コンジローム検査・治療

ほとんどの尖圭コンジロームはいぼを見ただけで診断できるため、検査を行いません。

検査方法もいぼの細胞を顕微鏡で確認するぐらいの簡単な方法です。手術や、塗り薬を使用して治療を行います。

いぼがなくなるまでにどのくらいの時間がかかるかは、個人によって差がありますが、症状がおさまるまで数ヵ月かかることが多いようです。
再発をくり返すことが多いので、再発した場合は、早期の治療を心掛け、根気よく治療し続ける必要があります。

ページトップへ

毛じらみ

毛じらみの原因は1〜2mmのしらみが陰毛に寄生することによるものです。

性交渉以外でもベットやタオルを共用したり、プールやサウナで感染する事もあります。

一時期減少していましたが、90年代半ばから再び増加の傾向にあります。

潜伏期間は1〜30日です。毛じらみが血を吸うため、陰毛の生えている部分の皮膚に赤い斑点を伴った激しいかゆみがあります。

主に、陰毛に毛じらみが寄生した人とのセックスで感染します。

毛じらみ

毛じらみの症状

陰部や陰毛などの毛の根元が「かゆい」「痛がゆい」
毛じらみが吸血をすることで激しいかゆみに襲われます。毛の根元に寄生し1日数回吸血します。
毛じらみが成長したり、毛じらみの数が増えてくると、どんどんかゆみが激しくなります。時には痛みが加わり痛かゆいと感じます。
毛穴が灰色の斑点状に見える
毛じらみは「かゆみ」の症状の他に目で見る事もできます。1mm〜2mm程度なので最初はわかりにくいですが肉眼でも見えます。
毛じらみの形はカニに似ており3対の足があります。卵が毛と皮膚に白く点状物として付着しているのが見えます。

病院での毛じらみ検査・治療

毛じらみの卵を検出します。スミスリンパウダーかスミスリンシャンプーを使い10日ほどで治ります。

しかし、卵には効かないので、孵化にかかる1週間程度の間隔を空けて数回行う必要があります。陰部を剃毛して軟膏を塗る。また卵の孵化の時期を待って殺虫する治療法もあります。

ページトップへ

性病の予防方法

性感染症(STD)は、特別な病気ではありません。セックスをしたことのある人なら誰でもかかる可能性のある病気です。

  • 複数のパートナーを持つ男女が増えている
  • オーラルセックスの一般化
  • 避妊法やSTD予防について無関心または知識を持っていない
  • 感染しても症状が現れないため(クラミジアなど)知らないうちに感染者を増やしたり、自分の病状を進行させたりしてしまう

感染する可能性の高い人

コンドームを使わない人
性感染症(STD)は、セックスにより相手の性器、肛門、口などの粘膜や皮膚と接触することにより感染します。
コンドームを着用することで、それらの箇所に直接触れることはなくなり感染を防ぐことができます。
1年以内に2人以上の人とセックスした人
たくさんの方とセックスすると、それだけ感染の危険性が高くなります。
経口避妊薬(ピル)使用者
経口避妊薬(ピル)は、避妊をするためのお薬です。経口避妊薬(ピル)を使用している人は、コンドームを使用しない傾向にありますが、性感染症(STD)は予防できません。
若年者
性感染症(STD)の感染者は10代後半から20代の患者が、全体の60〜80%を占めています。これは性感染症(STD)に関する知識が不足していることなどによります。

性感染症(STD)の予防方法

  • コンドームを使用する
  • シャワーを行為の前後に浴びる
  • 不特定多数の相手と性交を持たない
  • 相手の性器をよく確認する
  • 性器に傷をつけない
  • 体調が悪い時は性行為をしない
  • 生理中は性交を持たない
  • 屋外で性行為はしない
  • 酒に酔っているときは性行為をしない
  • 寝具を清潔にする
  • タオルやカミソリ、歯ブラシなどを共用しない
  • 性感染症(STD)の検査を受ける

性感染症(STD)の予防には、コンドームが効果的です。
特に、10代の女性は嫌われてしまうのがこわくて、相手にコンドームの着用を強くいえないことが多いようです。
自分の体は自分で守ると言う意識が大切です。

ページトップへ

包茎手術について

自分が包茎だなんて人には言えない、まして相談なんて…。

そんな誰にも言えない事を、本気で悩んでいる方こそ、病院で早く治療をしてください。
コンプレックスがなくなったら、あなたの明日が輝きだすはずです。

ペニスは「亀頭」と「陰茎」の2つに大別されます。
内部は「海綿体」と呼ばれるスポンジ状の組織であり、ここに血液が流れ込み膨張した状態を「勃起(ボッキ)」と呼びます。そして日常において陰茎部を包む包皮が亀頭部にかぶさっている状態が「包茎」なのです。

通常、子供の頃は亀頭と包皮がくっついていてむけていませんが、成長するに従って、包皮は自然とめくれ上がっていき、思春期頃にむけるようになります。

ところが、原因がさだかではありませんが、自然にめくれていく度合いが小さいと、亀頭は完全に露出しません。
ほかには、包皮の出口が小さかったり、亀頭とまだくっついている、などの理由で大人になっても亀頭が露出できない状態を「包茎」と言います。

包茎のペニスは恥垢(ちこう)というカスがたまりやすくなり、クサく臭いがち。そのうえ、雑菌も溜まりやすく、包皮炎をはじめとする感染症を引き起こす原因にもなることがあるのです。

包茎のペニスは、亀頭と包皮の間に恥垢がたまり不衛生になりやすいので、包茎でない人に比べると、尿道炎(淋病クラミジア感染症)、性器ヘルペス、尖圭コンジローム梅毒エイズ等の性感染症(STD)や雑菌感染による包皮炎、亀頭炎にかかりやすいことが知られています。

この包茎も次の3つに大別されます。

包茎手術について
真性包茎
包皮口が狭く、亀頭が完全に包皮に覆われており、通常時、ボッキ時でも全く皮をむけない状態です。
亀頭の発達が遅れ、弱々しいペニスになるだけでなく、炎症を起こすことも多くなります。通常のセックスはできないので、早急に治療が必要です。
カントン包茎
無理すれば亀頭が少し露出するものの、包皮口が狭いため、亀頭のくびれが締めつけられたり、最悪の場合、包皮が元に戻らなくなり亀頭が腫れあがることもあります。早急に治療が必要です。
仮性包茎
常に手で容易に包皮をむくことにより、亀頭を露出させることができます。
しかし、不潔であることや早漏の原因など様々な問題点があるため、早めに治療を受けることが望ましいでしょう。

包茎手術について

真性包茎の場合
包皮の狭い部分を、背面切開や環状切開で広げる手術をします。
手術の傷跡は、背面切開より環状切開の方が、出来上がりが綺麗なので、環状切開法で手術されることが多いです。傷跡は、冠状溝の近くに残ります。完治までは約1ヶ月です。
仮性包茎の場合
包皮口が狭くなっていないか、軽度なため、手術の傷跡が目立たなくなるように陰茎の根元で手術します。術後2日目と5〜7日目に通院する必要があります。疼痛は殆どありません。
術後注意しなければならないのは、出血と感染です。その為、手術当日は安静が大切で、不潔にならないように心がけなければなりません。傷跡は、陰茎基部に残ります。完治までは約1ヶ月です。

包茎手術について

小陰唇触少手術
包茎手術の費用は、一般的なクリニックでは、9万円〜20万円の間です。
包茎手術を受ける前に、必ず値段を確認しましょう。
詳しくは医師にご相談ください フリーダイヤル 0120-090-291

ページトップへ

Copyright(c)福岡市中央区/いわさき一教クリニック. All Rights Reserved.