〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-7-11 斉藤ビル201号
フリーダイヤル 0120-090-291

痔について

クリニックのご案内Q&Aお問い合わせホーム
  • 診療案内
  • 内視鏡検査
  • 日帰り手術
  • 性感染症について
  • 痔について
MOBILE SITE
QRコード

バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取って携帯サイトにアクセス!

いわさき一教クリニック

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-7-11
斉藤ビル201号

フリーダイヤル:0120-090-291
TEL:092-781-3255
FAX:092-781-9431

HOME / 痔について

痔の種類

には、「おしりがキレる」「出血」「座ると痛い」「恥ずかしい病気…」など、他人にはあまり知られたくないイメージがあります。

日本人の3人に1人は、でお悩みだともいわれています。おじさんに多い病気かと思もわれがちですが、実は若い女性でもでお悩みの人はたくさんいらっしゃいます。

たとえおしりが痛くても、出血しても、恥ずかしさからなかなか病院へ行けず、そして悪化してしまう人も多いようです。

痔の種類には大きく分けて3通りあります。

痔の種類

いぼ痔

の中でも最も多い症状です。押すと鈍い痛みがあり、ほとんど出血はありません。排便時や長時間座りっぱなしなどで刺激を受けた肛門の血管が、部分的に腫れていぼ状になったものです。

肛門の歯状線の部分より、外側にできたものを外痔核、内側にできたものを内痔核という。内痔核は痛みがないが出血しやすく、外痔核は出血は少ないが痛みがあるという特徴があります。

きれ痔

排便時に痛みとともに少量の出血があります。
肛門縁(肛門の出口)から1.5cmほどの所は表面が皮膚に似た上皮で覆われていて、きれ痔と呼ばれます。

この部分にできた傷を裂肛(きれ痔)といいます。主に便秘で硬くなった便を無理に出そうとする時に肛門が裂けたり、便で傷つけることが原因です。

痔ろう(あな痔)

押すと痛くかゆみと熱感があり、血と膿が混じって出てきます。肛門の内側に細菌が入り炎症を起こします。ひどくなると、化膿して膿が出てきます。

早めの発見が症状を悪化させない事につながります。痔ろう(あな痔)は、自宅療法や薬では治りにくく、ほっておくと肛門癌になることもあるので、手術するしかありません。

の患者様は、いぼ痔が60%、きれ痔が30%、いぼ痔きれ痔の併発が9%、痔ろうが1%だともいわれています。

で手術が必要なのは相当ひどくなった状態です。やはり病院へ見せるのが遅くなれば遅くなるほどひどくなり、手術ということになりかねません。
確かに肛門科の病院へ行くのは多少勇気がいることではありますが、の手術を避けるためにも早めに受診するようにしましょう。

詳しくは医師にご相談ください フリーダイヤル 0120-090-291

ページトップへ

いぼ痔

いぼ痔とは、肛門にあるクッション組織のうっ血や血管が切れたりして、肛門の中に痔核とよばれるいぼ、いぼのようなものができます。これが「いぼ痔」と呼ばれるものです。

また、の症状で一番多い(痔の症状の6割近くを占める)のが、痔核いわゆるいぼ痔です。

痔核の形としては、いぼ痔といわれるように、いぼ状のものです。痔核はそのいぼができる場所によって、外痔核内痔核のふたつに分類されます。

外痔核内痔核にはそれぞれ症状が違うなどの特徴があります。肛門のふちより1.5cmほど奥にある歯状線とよばれるぎざぎざした部分より外にあるのが外痔核、奥にあるのが内痔核とよばれます。

いぼ痔

いぼ痔の症状

外痔核

外痔核は、便秘で排便をするときにいきんだり、重いものを抱えたりするときに起りやすいとされています。ですので、便秘にならない食事を心がけたり、いきなり腹圧がかかるような動きはなるべく避けるべきです。

また、外痔核はいぼができる場所が体性神経のあるところですから、ほとんどの場合に激しい痛みを伴います。薬を使用して1週間程度で症状が改善され、症状がひどくない限り、神経質になって切除しようとしない方がよいでしょう。

内痔核

内痔核は、歯状線より奥(直腸に近い側)にできるの種類です。外痔核と違い、あまり痛みは感じないという特徴があります。

外痔核と同じくいぼができるわけですが、痛みをあまり感じないため、出血やいぼが肛門にでてきて初めて気付くというパターンが多いようです。

内痔核も症状がひどくなければ手術を行うことはあまりありません。用の外用剤で治ることがほとんどです。したがって、痔核の脱出の方が本当の治療の目的となります。脱出の程度によって治療方法が異なります。便を出した後に痔核が肛門から脱出するが、立ち上がるといつのまにか戻っている時は痔用薬剤や輪ゴム結紮法がよいでしょう。しかし、脱出した痔核を指で戻さないといけないようになったら手術も考えてください。手術は結紮切除法というのが基本的な手術法です。

いぼ痔の予防

毎日おふろに入る
お風呂に入ると体が温まり、血行がよくなります。また清潔になります。
おしりをきれいに保つ
おしりを汚くしておくと細菌が繁殖し、かゆくなったり炎症を起こします。排便のあとは、できるだけきれいにしましょう。
便秘・下痢に注意
便秘をすると硬い便がたまって、肛門を傷つけることがあります。また排便のとき強くいきむため、肛門付近のうっ血をきたします。
下痢は肛門を刺激し、不潔にもなり、細菌感染を起こしやすくします。
トイレで強くりきまない
排便のとき強くりきむと、肛門のうっ血や出血をきたすことがあります。また力仕事とか過激なスポーツなども、肛門に負担がかかるので痔の心配のある方は注意した方がいいでしょう。
腰を冷やさない
腰を冷やすと肛門の血行が悪くなるので、よくありません。
座りっぱなしはよくない
座りっぱなしや立ちっぱなしでいると、肛門のうっ血をきたすことがあります。長時間座る仕事の人は、こまめに休憩をとり軽く体操して、血行をよくしましょう。
酒、コショウ、からしなどの刺激物は控え目に
酒などのアルコール類、コショウ、からしなどは肛門を刺激し、うっ血をきたします。できるだけ控え目にしましょう。

ページトップへ

痔ろう

痔瘻(じろう)、俗に「あな痔」とよばれるものは、肛門のふちより1.5cmほど奥にある、歯状線とよばれるぎざぎざした部分にある小さいあなに便が入って、細菌感染を起こすことにより炎症を起こす症状をいいます。

もともと人間には歯状線に10個前後のあながあり、そこに便が入っても人間がもつ免疫力により、通常は炎症を起こすことはありません。

しかし、疲労がたまっていたり、ストレスがたまっていたりすると免疫力が落ちてしまい、炎症を起こしてしまいます。

便があなに入り免疫力が落ちていると、炎症を起こしてしまうわけですが、こうなると肛門の周囲が腫れて痛みを伴います。

また、腫れて痛みだけではなく、痛みだけではなく発熱を伴うこともあります。この状態は「肛門周囲膿瘍」とよばれるものです。

この時点で膿をだしてあげると、症状は改善されることになりますが、放置しておくとおしりの皮膚まであなが通じてしまうことになってしまいます。

そこまで症状が進行してしまうと、「痔ろう」とよばれることになります。こうなってしまうと膿をだすだけでは完治しにくくなり、1度治っても再び痔ろうを繰り返すことになります。痔ろうを放っておくと、肛門癌になってしまう可能性もあることから、手術が必要になってしまいます。

膿が貯まった状態の時は麻酔をして、膿を体外へ出す切開をしてもらう必要があります。これにより、痛みや発熱はよくなります。次いで、瘻孔(膿が出る道)が残ったら、原因となった肛門腺を治療により取り除かなくてはいけません。外科手術によって、瘻孔を切開したり、瘻孔をくり抜いたりします。これには充分な麻酔と入院が必要です。

13年前よりシートン法を当クリニックでは行っております。この方法のメリットは

  • 日帰り手術で入院の必要がない
  • 手術時間は5〜10分でよい
  • 軽い麻酔でよい
  • 切開手術に比較し、後々の肛門の変形が少なく、術跡が残らない

デメリットとしては

  • シートンが切れるまで一週間〜2ヶ月の期間が必要。しかし、この間普通の生活ができ、入浴、排便、大便も可能です。
痔ろう

ページトップへ

治療の流れ

痔核は命にかかわる病気ではないとはいえ、排便のたびに大変不快な思いをします。

治療は比較的簡単ですが、を恥ずかしがったり、癌の発見を恐れたりして、診察を受けるのが遅れがちです。その結果、病状が進行して初めて受診する人が少なくありません。

は進行すればするほど治療や治癒に時間がかかったり、術後の満足感が得られなかったりする恐れがあります。

の症状があらわれた場合は、自己判断をしないで、できるだけ早めに医師に相談することが重要です。の治療方法は症状に応じて様々ですが、医師と相談したうえで最良の治療方法を選択しましょう。

治療の流れ
詳しくは医師にご相談ください フリーダイヤル 0120-090-291

痔の治療の種類

の進行状況に応じて、適した治療方法は違います。
詳しくは医師に相談してください。

の初期の段階では、生活習慣の改善と薬物の投与で治ります。その治療を続けても痔核からの出血が改善されない場合や、痔核の脱出をくり返す場合には、外科的療法が必要になります。

生活習慣の改善

の治療の基本は、の原因となる生活習慣を改善すること。どの段階の痔であっても、大切なことです。
が治ってからも、再発を防ぐために、生活習慣に気をつけましょう。

  • 便秘をしないように気をつける
  • 下痢をしないように気をつける
  • トイレで強くりきまないようにして、排便は3分以内に
  • おしりをいつも清潔に保つ
  • 毎日おふろに入る
  • 腰を冷やさないようにする
  • 長時間の座りっぱなし、立ちっぱなしはやめる
  • 辛いもの、アルコールなどの刺激物は控える
  • 食物繊維や水分をしっかりとる
  • 手軽にできる運動を、毎日行う
  • ストレスをため込まないようにする

生活習慣の改善で、激しい痛みを伴う痔でも1〜2週間で自然に痛みが止まることもあります。それでも痛みが持続する場合は、その他のの治療方法について医師と話し合いましょう。

※患者様の状態や症状によって治療内容は違います。

詳しくは医師にご相談ください フリーダイヤル 0120-090-291
お薬での治療
外用薬

坐薬や軟膏などの外用薬は、出血や痛み、腫れなどの症状を抑え、また便をスムーズに出すための潤滑油の役割を果たします。

  • ステロイド系
    炎症や痛みを抑える、効き目の強い薬。血栓性外痔核や嵌頓(かんとん)痔核など、激しい痛みがあるときによく使われます。
  • ビスマス系
    止血作用があり、出血が多いときに用いられます。即効性がありますが、効き目が強いので症状がひどいときにだけ使います。
  • その他
    続けて使うときは、ステロイドやビスマスを使っていない薬を用います。作用は弱めで即効性はあまりありませんが、副作用が少ないので長期的に使うのに適しています。
内服薬
便をやわらかくする軟便剤などが使われます。薬に頼らず、生活習慣を改善して自然な排便リズムを作ることが大切です。

※患者様の状態や症状によって治療内容は違います。

詳しくは医師にご相談ください フリーダイヤル 0120-090-291
外科的治療

痔核の大きさや位置、重症度など、の症状はひとりひとり違います。どの治療法を選択するかは、症状に合わせて医師とよく相談して決めてください。
ここでは代表的な治療法方をいくつかご紹介します。

半導体レーザー

レーザーで内痔核を固めて縮小させる方法です。痛みを感じない内痔核に使われる方法です。

周囲を傷つけることのない安全な方法で、日帰りまたは短期の入院で処置できます。外痔核を伴う場合には向きません。
結紮切除術やゴム輪結紮術などと併用することもあります。

注射硬化療法

注射硬化療法は患部に硬化剤を注射して、痔核を硬化、縮小させ、出血を止める方法です。軽度の内痔核に適した治療法です。注射は直腸内の痛みを感じない部分にするため、麻酔の必要はありません。

注射をするだけなので外来で治療を受けることが可能です。また、止血効果は高いのですが、いぼそのものを完全に消滅させる効果は弱く、脱出のひどい内痔核外痔核、硬くなっている内痔核切れ痔痔ろうを治すことはできません。

熟練した医師でないと深刻な合併症を起こす危険性もあり、また出血を抑えるという一時的な治療法なので、治療後も再発防止のため保存療法を確実に行う必要があります。

ゴム輪結紮法
ゴム輪結紮法は内痔核の治療に広く使用されており、特殊な器具を使って、痔核の根元にゴム輪をかけるというものです。1〜2週間ほど時間が経過すると、ゴムで縛った痔核は壊死して排便中に排泄されます。
この治療法を行えるのは内痔核のみで、痛みは伴いません。しかし、病状を解消するために通常1回以上の処置が必要となります。また、外痔核を伴う場合や、大きすぎる内痔核、注射療法などで硬化してしまった内痔核などは適用外となることがあります。
結紮切除術(半閉鎖法)

結紮切除術(半閉鎖法)は、現在最も一般的に行われている手術で出血や突出を引き起こす痔核を手術によって切除します。

まず皮膚を切って痔核を露出し、痔核に血液を送っている血管を縛ります。
そして、痔核のみを切除します。
切除した後の傷口は、縫い合わせて閉鎖します。
手術自体は15分から30分くらいで終了します。当クリニックでは基本的に日帰り手術を行っており、入院の必要がありません。

ページトップへ

痔の原因

は不規則な生活習慣から引き起こされることが多いようです。

の原因は1つではなく、さまざまな原因が考えられます。

あなたの生活は大丈夫ですか?

痔の原因

便秘

きれ痔いぼ痔の原因として多いのが便秘です。

便が出にくくなると、排便時に強くりきむことになります。すると、肛門に負担がかかり、それがくり返されるとの原因になるのです。

また、便秘で硬くなった便は、肛門を傷つけて、裂肛の原因にもなります。でも、便秘薬の常用は厳禁。薬はあくまで緊急時の使用にとどめましょう。
便秘は放置するとの悪化に繋がります。朝食を摂ることを手始めに現在の生活習慣を見直し、規則正しい排便リズムを作りましょう。

下痢

きれ痔痔ろうの原因として多いのが下痢です。

便がやわらかいのはいいのですが、下痢便の状態にまでなると、勢いよく排出されるため、やはり肛門に負担がかかってしまいの原因になるのです。

また、下痢便は肛門のくぼみ(肛門小窩)に入りこみやすく、そこから菌が感染すると痔ろうを引き起こすもとになります。

トイレタイムについて

排便時などに強くいきみ過ぎたり、トイレで長い間りきんでいると、肛門周辺の静脈に強い負担がかかり、いぼ痔になりやすくなります。

ゆっくりと、りきまないように時間をかけて行いましょう。

肛門が不潔

排便後に便の拭き残しがあるなど、肛門を不潔にしているとになりやすくなります。

便はアルカリ性で肌への刺激が強いことに加え、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。シャワートイレなども使って清潔に保つようにしましょう。

暴飲暴食

暴飲暴食は、腸の健康を悪化させ、便秘や下痢を引き起こす原因に。

おしりの負担を減らしてを防ぐには、バランスのとれた規則正しい食生活が重要です。

アルコールのとりすぎ

アルコールをたくさんとると、血管が拡張して血流量が増えます。

その結果、肛門周辺の血流量も増えますが、静脈が血液を心臓のほうに戻す力が弱いため、肛門のうっ血をひどくしてを悪化させてしまいます。

また、アルコールのとりすぎは下痢の原因にもなるので要注意です。

香辛料のとりすぎ

コショウやトウガラシは、消化されずにそのまま便にまじって排出されるため、肛門の粘膜を刺激します。

好きなものをやめる必要はありませんが、とりすぎにはご注意ください。

食物繊維が不足

肛門の健康を守るためには、やわらかく肛門に負担をかけないよい便を作ることが大切。

そのために欠かせないのが食物繊維です。日本人は慢性的な食物繊維不足の傾向にあると言われており、その結果、便秘を引き起こすことでの発症・悪化に繋がります。水に溶けないスジっぽい不溶性食物繊維と、水に溶けるネバネバヌルヌルした水溶性食物繊維の両方をバランスよくとることが大切。野菜、くだもの、きのこ類、海藻類、イモ類、豆類などを積極的にとりましょう。

タバコ

タバコに含まれているニコチンは血管を収縮し、血液の流れを悪くします。その結果、うっ血が起こりやすくなり、いぼ痔の原因となってしまうことがあります。

ストレス

腸はストレスの影響を受けやすいため、ストレスと便秘や下痢は密接な関係にあります。便秘や下痢を防ぐには、ストレスをためこまないことが大切です。

また、ストレスや疲労は全身の血行を悪くしてうっ血を起こしやすくしたり、体の免疫を低下させるもとにもなります。多少のストレスは誰にでもあるものですが、十分な休養をとり、ストレスを上手に発散する方法を見つけましょう。

過労(肉体疲労)

過労(肉体疲労)が続いた場合も、免疫力が低下してしまい、になりやすくなります。

座りっぱなし・立ちっぱなし

長時間同じ姿勢でいると、肛門がうっ血しやすくなります。仕事中も、たまには姿勢を変えたり少し歩いたり軽い体操をしたりして、体を動かすように心がけましょう。

体の冷え

体の冷えは、血行を悪化させるもと。肛門のうっ血を防ぐには、特に腰やおしりまわりを温めることが大切です。暖かい下着やカイロなどを利用して、冷えから体を守りましょう。

ページトップへ

痔チェック

関係ないと思っているあなたも、不規則な生活を続けているとになるかもしれません。

のチェックで、自分の生活パターンを振り返ってみましょう。

生活パターンを改善することにより、になる危険性を低くする事ができます。

「もしかして?」と不安に思っている人もチェックしてみてください。
チェックが多いほど、の危険性が高いです。

痔チェック
詳しくは医師にご相談ください フリーダイヤル 0120-090-291

ページトップへ

Copyright(c)福岡市中央区/いわさき一教クリニック. All Rights Reserved.